【ルチルクォーツの身に付け方】右手左手どっちにつける?寝る時は?

ルチルクォーツは右手?左手?どちらにつけるのがいいの??

ルチルクォーツ,右手,左手

 

金運アップ・財運アップのパワーストーンとして人気のルチルクォーツ

 

特にビーズ上のルチルクォーツをつなぎ合わせたブレスレットに人気が集中しています。

 

そんなルチルクォーツですが、右手左手どちら腕につけるのが正しいのでしょうか?

 

また、寝る時やお風呂の時どうしたらいいのか?という事についてもこの記事で触れていこうかと思います。

 

 

 

ルチルクォーツは右手?左手?の一般論

ルチルクォーツ,右手,左手

 

一般論としてルチルクォーツなどのパワーストーンは利き手と反対の腕につけるといいとされています。

 

つまり一般論としては・・・

 

  • 右利きの方は左手にルチルクォーツをつける
  • 左利きの方は右手にルチルクォーツをつける

 

これは、パワーストーンのエネルギーは利き手と逆から入って来て、利き手から出ていくと言われているからです。

 

しかしこの右手につけるのか?左手につけるのか?といった理由に関しては実は所説あります。

 

利き手に関係なく左手につける方が良いと考えている方もいます。

 

それは、左手が右脳とつながっていて、右手が左脳とつながっているのに加えて、パワーストーンのエネルギーは右脳で受け取るものだから、左手にルチルクォーツをつけて方がよい

 

このように考えている方もいます。

 

これらの事は様々言われていますが、科学的根拠は乏しいのが現状です。

 

 

それではルチルクォーツは右手・左手どちらにつければいいのか?

ルチルクォーツ,右手,左手

 

パワーストーンやルチルクォーツをどちらにつければいいのか?という問題に関しては所説あります。

 

ですので自分の好きな方の手につけるのが一番良いでしょう。

 

どちらの腕につけてもルチルクォーツの効果が大きく変わるといった事はほとんど無いでしょう。

 

もちろんつける腕を間違えたから逆に貧乏になるといった事もありません。

 

ですので、「右利きの方は作業の邪魔になりにくい左手につけたり、左利きの方は右手につける」ですとか

 

左手にはいつも腕時計やブレスレットをしているので、ルチルクォーツは右手につけるといったような感じで選ばれるのが良いのではないかと思います。

 

ルチルクォーツはなかなか硬い石なので、腕時計と同じ手につけたからといって、物凄く傷がつきやすいといった事もほとんどないでしょう。

 

ですが、気になる方はやはり腕時計やブレスレットと別の腕にされるのがよいと思います。

 

 

ルチルクォーツは寝る時つけたまま?外す

ルチルクォーツ,右手,左手

 

それでは、寝る時はどうしたらいいでしょうか?

 

これも基本的にはどちらでも問題でしょう。

 

ただし、パワーストーンのエネルギーを充電する為に行う浄化という概念があります。

 

よく水晶のクラスターの上などにパワーストーンを一晩乗せてエネルギーをチャージするといった事が言われます。

 

これらの浄化の概念を信用される方や、気にする方は寝る時は絶好の浄化の機会ですので、外してあげると良いでしょう。

 

 

 

お風呂の時はどうする?

ルチルクォーツ,右手,左手

 

最後に、ルチルクォーツをお風呂の時にどうするか?という事にも触れていきたいと思います。

 

お風呂に関しては外して入るのが理想的だと思います。

 

また、お風呂以外にも海やプールも外すのが良いでしょう。

 

「なぜ外した方がいいのか?」というのは、2つの理由があります。

 

 

ゴムの劣化が早まる恐れがある

 

パワーストーンは石ですので基本的には水に強いものも多くあります。(一部水に弱いものもあります)

 

多少の水であればほとんどの場合問題ありません。

 

ただし、パワーストーンブレスレットを繋いでいるゴムに関しては濡れる事によって劣化が早まる可能性があります。

 

中には結び目に接着剤を使って接着しているものもありますので、極力水は避けた方がいいでしょう。

 

 

基本的にはルチルクォーツは問題ないけれども・・・

 

ルチルクォーツは水晶と針(ルチル)で構成されています。

 

水晶は水につけても全く問題ないのですが、針お部分は必ずしもそうとは言えません。

 

ルチルクォーツをビーズに加工する際に、原石から削り出してビーズの形にしています。

 

その際に針がビーズの表面に出ていると、そこから水が浸入してしまう可能性も無くはありません。

 

ほとんどの場合心配する必要はありませんが、ルチルクォーツは非常に高価なパワーストーンですので、細心の注意をもって扱うようにしたいですね。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はルチルクォーツの付け方などについて見ていきました。

 

どちらの手につけるのか?という問題に基本的に決まりきった答えはないので、お好みで選んでみてください。

 

また、気分によって付け替えるというのも良いのではないかと思います。

 

ちなみに、理由は定かになっていませんが、招き猫は右手を上げている招き猫が金運やお金を招く

 

左手を上げている招き猫は、人を招くと言われています。

 

こういった事を参考に、仕事中は良い対人関係の構築の為に左手にルチルクォーツをつけ

 

ギャンブルや宝くじなんかを買うときには、右手いルチルクォーツをつけて見る

 

といった事も面白いかもしれませんね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当記事では他にもルチルクォーツに関する記事を扱っていますので、どうぞご覧下さい。

 

ルチルクォーツよりも手軽に金運を手に入れる方法

ルチルクォーツの金運アップ効果を試したくても、質の良いルチルクォーツは高すぎて中々手が出にくかったりしますよね。

そこでこんなに簡単でいいの?って位ルチルクォーツよりも簡単に金運を上げられる方法を紹介しています。