ルチルクォーツの浄化方法と頻度|やらない方がいい浄化方法も解説

ルチルクォーツの浄化方法とその頻度についてのまとめ

ルチルクォーツ 浄化

 

ルチルクォーツなどのパワーストーンは浄化が必要だとよく言われます。

 

石を購入したり、手に入れた時には沢山の人の手を介した状態になっています。

 

色々な人の「念」の影響を受けてしまっていると考えられているのです。

 

そんな時に浄化をしてあげる事で、石をまっさらな綺麗な状態に戻してあげる事で、石の本来の力を引き出す事ができるのです。

 

また、しばらく着用していると徐々に石の力が落ちてくるので、そういった時にも浄化は必要だと言われています。

 

スマホの充電のようなものですね。

 

そこで、この記事ではルチルクォーツの浄化方法や浄化の頻度などについて詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

浄化についての解説

ルチルクォーツ 浄化

 

パワーストーンを浄化する方法は様々です。

 

塩(塩水)、流水、セージ、クラスター、サザレ石、日光、月光、土、音など浄化方法は多岐にわたります。

 

ただし、石によっては間違った浄化をすると石に悪影響がある場合もあります。

 

例えば、ラピスラズリという石は塩や水に弱かったり、ターコイズという石は水に弱かったりします。

 

それでは、ルチルクォーツは一体どんな浄化方法を取るのがいいのでしょうか?

 

 

おすすめの浄化方法3選

 

水晶クラスターによる浄化

ルチルクォーツ 浄化

 

クラスターとは天然の結晶の集合体です。

 

パワーストーンブレスレットなどを売っている店で簡単に手に入ります。

 

水晶の他にアメジストなどのクラスターも売られていますが、水晶のクラスターで浄化するのが一般的です。

 

水晶のクラスターはとても素晴らしい浄化作用を持っているようです。

 

水晶クラスターでの浄化方法は、浄化したいルチルクォーツを一晩水晶クラスターの上に乗せてあげる事です。

 

水晶の柱の先端から、多方向にエネルギーが出ているので、ルチルクォーツの浄化ができます。

 

また、水晶クラスターによる浄化はほぼ全ての石に使えますので、1個もっておくといいでしょう。

 

 

さざれ石による浄化

ルチルクォーツ 浄化

 

小さな粒上の石をさざれ石と呼びます。

 

さざれ石には様々な種類が販売されていますが、浄化に使うさざれ石としては、水晶さざれ石が一番無難です。

 

水晶さざれ石での浄化方法は100g程度のさざれ石を薄い小皿などに敷き詰めて、その上にルチルクォーツのブレスレットを一晩置けば大丈夫です。

 

水晶のクラスター同様、水晶さざれ石も優れた浄化作用を持っています。

 

また水晶は、自浄作用もあると言われています。

 

ルチルクォーツに限らず様々なパワーストーンを浄化できるので、オールマイティーな浄化方法と言えるでしょう。

 

 

月光浴による浄化

ルチルクォーツ 浄化

 

満月の日には不思議な事が起こると聞いた事はないでしょうか?

 

月は世界中で不思議な力があると言われています。

 

また、ウミガメが満月の夜に卵を産むというのは有名な話で、月には特別な力があるのでしょう。

 

そんな月の力を借りてパワーストーンを浄化するのが月光浴による浄化です。

 

月光浴によるルチルクォーツの浄化は、満月の夜に1時間以上窓辺などで月の光に当ててあげると良いでしょう。(窓は閉まっていても構いません)

 

ただし、午前0時までの時間がベストという説もありますので、気になる方は午前0時までに済ませてしまいましょう。

 

また、雨や曇りなどで月が見えない場合でも月光浴は行えるそうです。(これは浄化には月の引力が作用しているからという説があるからです。)

 

また、思い出した時に水晶クラスターやサザレ石も浄化すると良いそうです。

 

 

 

おすすめできない浄化方法2選

 

日光浴による浄化はNG

ルチルクォーツ 浄化

 

パワーストーンの中では、太陽の光に当てて浄化する日光浴という浄化方法をとるものもあります。

 

日の出から正午までの太陽光が一番パワフルな力であるとも言われています。

 

しかし、石の劣化が起こるものもありますので注意が必要です。

 

ルチルクォーツに日光浴は絶対にNGという事ではありません。

 

ただし、一部に「針の色が変わってしまった」という報告もありますので、わざわざ日光浴を選ぶ必要は無いと思います。

 

 

流水による浄化はNG

ルチルクォーツ 浄化

 

流水による浄化は様々なパワーストーンで行われています。

 

ルチルクォーツは水晶と針で出来ていますので、水晶部分は流水浄化しても全く問題ありません。

 

ただし、ルチルクォーツをビーズに加工する際に針が表面に出ていると、そこから針が抜けて穴が開いてしまうという可能性もゼロではありません。

 

なので、わざわざ流水で浄化する事を選ぶ必要はないと思います。

 

また、パワーストーン自体が水に強いものでも、ブレスレットのゴムなどが水に強くない場合がありますので、流水による浄化は避けた方が無難です。

 

 

ルチルクォーツの浄化の頻度について

ルチルクォーツ 浄化

 

ルチルクォーツだけでなく、パワーストーンの浄化にはこれと言って決まりはありません。

 

気になる方は毎日浄化しても結構ですし、月に1度という方もいらっしゃいます。

 

水晶クラスターや水晶さざれの浄化であれば、インテリアとして置いておく事もできるので、寝る前にそこに乗っけるという習慣を作る事で、特に気にしないでも自動的に浄化する事ができます。

 

また、毎日浄化しないという方でも、

 

  • 悪い気がたまっていそうな所に行った
  • 最近ルチルクォーツの効果が無いように感じる

 

といった場合は、浄化してあげるといいでしょう。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

ルチルクォーツの浄化方法や頻度について解説していきました。

 

当サイトでは他にもルチルクォーツに関する記事を扱っています。

 

 

関連記事

 

ルチルクォーツと風水を組み合わせた金運アップ術って?|大金運の種って何??

 

金持ち社長に聞いたパワーストーンをつける理由|こんな事ってあるの!?

 

ルチルクォーツの効果に関する体験談|効果が出すぎるってどういう事??

 

 

 

 

 

ルチルクォーツよりも手軽に金運を手に入れる方法

ルチルクォーツの金運アップ効果を試したくても、質の良いルチルクォーツは高すぎて中々手が出にくかったりしますよね。

そこでこんなに簡単でいいの?って位ルチルクォーツよりも簡単に金運を上げられる方法を紹介しています。